キッチンや備付家具

お風呂、トイレ、クローゼット、押入れ、戸棚等と同様にキッチンは備付家具の一つになります。
注文住宅をお考えなら、予算に合った計画が必要となってきます。
家を建てられる前に色々な建物を数多く見学することが最優先です。
そして、ご家族で入念な話合いをして下さい。

最初に悩むのは、家族が集まるリビングだと思います。
先ず、広さをどの程度にするか、壁の色をどうするか、キッチンを対面型にするかどうか、食卓テーブルは何人用にするか、応接セットは設置するか否かなど、年齢もライフスタイルも異なる家族で決めなくてはなりません。
次にキッチンですが、壁付けタイプ 、対面タイプ、アイランドタイプのいずれにするかによって、リビング全体のレイアウトが変わってきます。
キッチンで一番大切なのは、ガスコンロやIHクッキングヒーターを左右どちらにするかが重要です。
必ず使い勝手の良い側にすることをお勧めします。
そしてカタログや仕様書を取寄せ、工事責任者に渡してください。
行き違いがあってはいけませんから、2部あった方がいいと思います。

これでキッチンの位置が確定しました。
この事により給排水の位置と高さが決定されると共にコンロに使用するガス管、電気のコンセント位置も決定できます。
注意点は、排水管の位置です。
シンクの排水場所と異なると、物が詰まり易くなったり、悪臭のもとにもなりますので業者任せにせずご自身でも確認しておいた方がいいと思います。
電気のコードは屋外からの引込ではないので問題はありませんが、ガス管は、屋外からの引込みになります。
これも引込位置を確認してください。
キッチン背面の壁や天井は、汚れても簡単にふき取れる材質のものを選ぶと無難かと思います。

Copyright © 2014 注文住宅のキッチントラブル All Rights Reserved.